2016年07月15日

丸の内中学校

先日、丸の内中学校にお伺いした際
ディベート(討論会)の授業をされておりました。

先生方が慌ただしく職員室を出入りされていたので
何事かと思いましたが河村市長がアドバイス役で参加されていたとは
後で知りびっくりしました。


中学生が「原発」など激論 名古屋・丸の内中、市長も参加  中日新聞

名古屋市長招き、中3の36人が熱い議論 「原発」「消費増税」 市立丸の内中 /愛知  毎日新聞


posted by oono at 12:38| 日記

2016年07月11日

1万校分を入学式に一斉納品!驚きの学生服ビジネス

先日TV「カンブリ宮殿」で放映されたトンボ学生服の展示会に行ってまいりました。

ookuraya201607011.JPG
今年で140周年を迎えられるトンボ学生服

ookuraya20160701.JPG
展示場に、制服のモデルチェンジ校の一部が新旧で飾ってありましたが
襟元やパターンなど今風に変わった可愛らしい、恰好いい制服が並んでおりました。

驚いたのは夏シャツの新素材がニット時?なのにぽくみえず、
いい素材だなと思いました。
posted by oono at 10:00| 日記

2016年07月04日

ファッション学生服

学生服の詰襟の産地として有名な岡山の児島にある
BEN COUGAR にお邪魔しました。
ookuraya20160628.JPG

世間では詰襟の丈が短かったり長かったりズボンの巾が太かったりする
変形学生服で一世を風靡したメーカーで有名ですが
その当時、詰襟学生服に明確な基準はなく
いわゆる不良学生以外も着用するようになり社会問題化が進む中
各メーカーが学生服の基準を定めた『標準型学生服認定基準』にいち早く取り組んだのも
BEN COUGARさんだとか・・・
ookuraya201606282.JPG
BEN COUGAR会社内には当時の学生服は残っていないので
児島の学生服資料館に展示してる長ランとカタログを観させていただきました。

ookuraya201606283.JPG
こちらは、学生服が流通し始めた当初の詰襟と梱包用の箱ではなく袋

実際のところ変形学生服でしられる詰襟は
細部にこだわったファッション学生服として
世にデビューしたんですがいつのまにやら不良の象徴になってしまって
当初の目的とは違う形で流行ってしまったものではないかと感じました。

現在は機能性、デザイン、お手入れのしやすさにも配慮した詰襟や
自由服の学校向けの制服など、時代に即したモノづくりをされておられるなと思いました。

ookuraya201606284.JPG
来シーズンに向けて倉庫には、すでに制服がずらりと積まれていました。




posted by oono at 17:55| 工場見学